CD・DVD・Blu-rayのコピー/プレスならテクノメディアにお任せ
TEL:03-3523-2121/E-mai:disc@techno-media.co.jp
受付時間:平日10時~18時(土日祝祭日 除く)

マスター支給の条件

マスター作成時の必須事項

CD-DA(音楽CD)

CD-R = DigitalAudioフォーマットで作成(必須:オーディオ機器で再生可能)
DDPファイル(CD-RにDisc at once/Mode1で書き込み) 注)プレスの場合のみ可

CD-ROM(データCD)

CD-R = Disc at once/Mode1で作成(追記不可)
注)CD-Rコピーの場合:Track at once/XA/Mode2(追記可)でもコピーは可能ですが、100%エラーフリー保証の対象外となります。

DVD-VIDEO(DVDビデオ)

DVD-R (片面1層の場合のみ可)
DVD-VIDEOフォーマットで作成(追記不可)=DVDプレーヤーで再生が可能な状態
注)DVDプレスの場合:マルチボーダー不可
注)DVD-Rコピーの場合:マルチボーダーでもコピーは可能
注)DVD-Rコピーの場合:セッション=オープン(追記可)でもコピーは可能ですが、100%エラーフリー保証の対象外となります。
DVD+R DL(片面2層の場合のみ可)
注)DVD-9(片面2層タイプ)の場合は、必ずDVD+R_DLでマスターを製作してください。(DVD-R_DL不可)
DLT(プレスの場合のみ可)
媒体 : TapeⅢ、TapeⅢXT、またはTapeⅣをご使用ください
ドライブ : DLT4000、DLT7000、DLT8000をご使用ください。
フォーマット : DDP2.00およびDVD_CMFが受け入れ可能です。
Plant Direct(プレスの場合のみ可)
フォーマット : DDP2.00が受け入れ可能です。
2層式の場合は、Layer0とLayer1をそれぞれDVD-R2枚に個別に収録してください。

DVD-ROM(データDVD)

DVD-R = ファイナライズ済であること:セッション=クローズ(追記不可)
注)DVD-Rコピーの場合:セッション=オープン(追記可)でもコピーは可能ですが、100%エラーフリー保証の対象外となります。

Blu-ray-VIDEO(BDビデオ)

BD-R(コピーの場合のみ可)
BDMVフォーマット(メニュー付)、またはBDAVフォーマット(メニュー無し)で作成(追記不可)=BDプレーヤーで再生が可能な状態
注)BD-Rコピーの場合:マルチボーダー(セッション)でもコピーは可能
注)BD-Rコピーの場合:セッション=オープン(追記可)でもコピーは可能ですが、100%エラーフリー保証の対象外となります。
BD-REマスターの場合コピーは可能ですが100%エラーフリー保証の対象外となります。
BDCMF(プレスの場合のみ可)
フォーマット:BDCMFのみ可
媒体:HDDまたはUSBメモリをご使用ください

BD-ROM(データBD)

BD-R = ファイナライズ済であること:セッション=クローズ(追記不可)
注)BD-Rコピーの場合:セッション=オープン(追記可)でもコピーは可能ですが、100%エラーフリー保証の対象外となります。
BD-REマスターの場合コピーは可能ですが100%エラーフリー保証の対象外となります。

その他のご注意

HDDレコーダー(民生機)で作成されたマスターでエラーが多発しております。
民生用は放送業務用との性能・精度の差から“オモチャ”と揶揄される通り、マスター作成には多くの限界があります。あくまで自己責任で作成してください。
DVD-VIDEOの検証は必ずDVDプレーヤーで行ってください。PCでの再生では不具合を発見できない場合が多々発生しております。

禁止事項

マスターにはCPRM対応DVD-R(デジタル放送録画用)は使用できません。

必須事項

片面2層式(DVD-9)をDVD+R_DL(Dual Layer)でマスターの作成を行う場合
ブレークポイント(1層目から2層目への切り替えポイント)は必ずオポジットを指定し、且つ、1層目の容量を2層目より大きくしなければなりません。
注)上記規格外の場合、切り替え時にフリーズするエラーに関しては、完全な免責とさせていただきます。
注)ブレークポイントの位置を確定できない場合はDLTマスター(2巻)またはDDPファイルでご支給ください。
注)必ずDVD+R_DLでマスターを製作してください。(DVD-R_DL不可)

〒104-0033 東京都中央区新川1-3-7 六甲第二ビル6階|TEL:03-3523-2121(代)|FAX:03-3523-2122
株式会社 テクノメディア